自家製酵母の作り方

2014.4.30|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自家製酵母は「パン」や「ケーキ生地」といったたくさんのものに応用することが出来ますし、何より「楽しく」「安心」「安全」だというのがいいところです。

法がありそんな自家製酵母の作り方としては、

最も簡単なものとしては「無農薬の野菜やフルーツ」「蒸留水やミネラルウォーター」「ビン」の3つを集めて混ぜる方ます。

まずはじめにビンを煮沸消毒しておき、そこにこれらこれら全ての材料を入れまsう。それから後は「ほうっておく」だけ。

材料を入れてからある程度の時間が経つまでほうっておくと、そのうち「シュワシュワ」しはじめます。

気体が出てくる、というわけです。そうなればもう発酵が進んでほぼ完成の状態で、

もう少しだけ待ってやればもうすぐ自家製酵母として使えるようになります。

この自家製酵母を作る際には、発酵を促進させるためにも度々「ビンに刺激を与えてやる」と良いです。

ただこれはレシピや使い材料にもよりますから、まずは使う材料に合わせたレシピを調べてやると良いと思います。

自家製酵母の作り方は様々ですが、やはり手が込んでいるものは難しいですから、まずこのように簡単なものから調べて作ってみるとよいでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。